日本FP協会の民間資格であるAFP の概要とメリット・デメリット

ファイナンシャル・プランナーの資格でもっとも代表的なのは、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能検定でしょう。しかし、このほかにも民間のFP資格があります。

民間のFP資格の中でもっとも有名な資格がAFP という資格でしょう。この資格は、日本FP協会の民間資格です。2級FP技能検定の合格者が取得しやすいようになっているので、一緒に取得する人も多いようです。

このページでは、AFP の資格の概要と、メリット・デメリットを見ていこうと思います。

AFP の資格を得るには

AFP の資格を得るには、次の2つの条件を満たす必要があります。

・ AFP認定研修を修了する
・ 2級FP技能検定に合格する

要するに、FP2級の試験がAFP の試験を兼ねているわけです。

AFP であることを名乗れる

AFP の資格を取ると、AFP であることを名乗ることが出来ます。これは一応メリットと言って良いでしょう。

もっとも、AFP であるという事は、FP2級の資格を取っているということです。どちらかと言うと、FP2級であることをアピールした方が一般向けには有利かもしれませんけどね。

CFP 取得への道が開ける

AFP を取ると、CFP という上位資格の道が開けます。日本の仕組みでは、AFP を取っていない人は、CFP を目指せないような仕組みになっているからです。

長期的にCFP を目指すことを考えているのなら、AFP はとても重要な資格だと言えるでしょう。

FP1級が取得しやすくなる

AFP の最大のメリットは、FP1級が取得しやすくなるという点でしょう。

AFP の上位資格であるCFP を持っていると、FP1級の試験の一部が免除されます。CFP を取るにはAFP が必要なので、ちょっと遠回りですが、AFP の取得はFP1級を取るのに役立つわけです。

FP1級を視野に入れている人は、AFP 取得を検討するべきだと思います。

継続教育の機会を得られるのがAFP のメリットの一つ

AFP をもっていると、継続教育の機会が得られます。

FP2級の資格は、基本的には取ってしまえばそれでお終いです。継続的に学ぶには、自分で機会を作らないといけません。

しかしAFP を持っていれば、ある程度学習機会を日本FP協会に用意してもらえるのです。これは知識を維持するために、非常に役立ちます。

資格を維持するのにコストがかかる

AFP を名乗るには、日本FP協会の会員の資格が必要です。具体的には、「日本FP協会に資格認定会員として入会する」事が必要になります。

当然ですが、この会員でいるには一定のコストがかかります。AFP でいるためには、このコストを負担し続ける必要があるのです。

上に挙げたようなメリットを踏まえたうえで、このコストを負担する価値があるかどうか考えないといけません。

まあ、一旦入った後に辞めても良いのですけどね。

スポンサードリンク

独学と通信講座の合格率はぜんぜん違う

日本FP協会と金融財政事情研究会が発表しているデータを比較してみると、FP2級に独学で合格するのはなかなか難しいことのようです。

4万円ちょっとで受講できる格安の講座もありますから、通信講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。教材費をケチった挙句何度も受験するなんて、ばかばかしいですよね。

おすすめの通信講座

第1位ECC
第2位ゼミネット
第3位LEC

この3つをおすすめする理由はこちら理由はこちら

スポンサードリンク


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。